<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 12日

ババチョー展

熊本を拠点に北海道から台湾までをさすらう画家・ババチョーのグループ展のおしらせです。
第二高校美術科制作展と同時開催中。
f0070099_11185129.jpg
f0070099_1119818.jpg

[PR]

by mlac | 2008-12-12 11:22 | イベント
2008年 12月 09日

Yae live at 「BAR DOMANI」!!

 12月4日、南阿蘇の師走とは思えない暖かい夜に、新部長宅(築約120年)の特設ステージ「BAR DOMANI」(土間ーに。つまり土間!! ちなみにDOMANIは伊語で「未来」の意)で、ライブを開催しました。
 MLACが誇る農園バンド「ボヘミアンブラザーズ」、独学ピアニストKAGE(いやにメロウな曲ばかり弾いてたなぁ)はもちろん、なんと「素敵な宇宙船地球号」のエンディングやNHKみんなのうた「名もなき君へ」などで知られるYaeさんも出演!! 第一線で活躍するアーティストの生声を聞こうと、部員はもちろん、近くの小学校の先生たちも詰め掛けました。
 
 会場の「DOMANI」。黒い梁が歴史を感じさせます。 
 
f0070099_2222032.jpg

 今回のライブはYaeさんが新部長宅に遊びに来たことがきっかけで実現。本番を前に新部長の妻・ERIちゃんが、Yaeさんとの出会いや彼女への思いを語りました(下の写真)。後ろで子を抱く新部長の姿が、なんともいえない北国感を醸し出しています。
f0070099_2311611.jpg

 前座として、3日後に発表会を控えたJさんのご令嬢2人がピアノ演奏を披露しました。
f0070099_2361162.jpg
f0070099_2363381.jpg

 いよいよYaeさんの登場。
f0070099_2383643.jpg

f0070099_23142975.jpgボヘミアン緒方さんのすばらしいギターに乗せられて披露された楽曲は・・・・ 
 1.恋の花
 2.長い橋
 3.Wa-ya
 4.400年も昔から
 5.あいをよる おもいをつむぐ
 
 ライブの途中、2002年に亡くなった父・藤本敏夫さん(元・反帝全学連委員長。農事組合法人「鴨川自然王国」代表)への思いや、父の意思をついではじめた「種まき大作戦」などについての話も。伸びやかな歌声に涙を流す人や、熟睡する人もいました(写真下)。
f0070099_23352932.jpg

 締めはもちろん「ボヘミアンブラザーズ」の2人(ポンチョ山内、ボヘミアン緒方両氏)。「軽トラロック」「恐妻組合のテーマ(※裏タイトル)」などを披露した後、恒例の「阿蘇」で締めくくりました。
f0070099_23562487.jpg

 「ボヘミアンブラザーズ」は、全国の音楽オヤジたちの祭典・NHK「熱血!オヤジバトル」(来年1月31日、福岡サンパレスホール=福岡市博多区)に、約200組の中から選ばれた8バンドの1つとして出場されます。すごい。放映日は未定。日本一目指してがんばってください。部員一同応援しています。
                                                 (gel)
[PR]

by mlac | 2008-12-09 00:10 | イベント
2008年 12月 01日

第一回米ぬかで美しくなる会

11月21日、第一回米ぬかで美しくなる会、が開催されました。宇城市のアロマ香房 坂口由香さんをお迎えして、米ぬかアロマ石けんの作り方、米ぬかアロマパックと顔マッサージ方法を教えて頂きました。米ぬかは我らがO2ファーム提供の上等品です。
f0070099_13293840.jpg


まずは、米ぬかの効用から教えて頂きました。米ぬかはビタミンB群、ビタミンE、ミネラル、食物繊維が含まれており、美肌効果、抗酸化作用、血液循環促進、などの効果があり、冷え性にも良いとのこと。また更に、米ぬかに含まれる脂肪分(オリザオイル)がお肌をすべすべにしてくれるそうです。江戸時代、銭湯では、入浴客が米ぬかを買って、石けんのようにして使っていたそうです。

次は、米ぬかアロマ石けんの作りです。
用意された材料は下記の通り。

*材料*
石けん素
米ぬか
熱湯
好みの精油
蜂蜜

f0070099_13304824.jpg


いろいろなアロマオイルの効能をお聞きし、それぞれ好きなオイルを入れました。寒い冬に向け、血行のよくなるジンジャー(インフルエンザ予防にも)、甘い香りのスイートオレンジ、ヒノキ、リラックス効果のラベンダー、殺菌作用のティートゥリー、、、アロマの効果を聞く度に欲しくなり、あ、これも、え、それも、、、と欲張り、なんとも複雑な、でもよい香りの石けんとなりました。夏場には、O157をやっつけてくれるミントなんかも良いらしいです。ただし、精油は子供には強過ぎるものが多いので、その点は注意が必要とのコト。

材料をまぜたら、こねこねこね。キッズも頑張りました。
思ったより固く重くて、手は疲れますが、楽しい!今回の成形は、クッキー型を使って。(麺棒を用意しなければならないところ、綿棒を用意しました、すみません。)

f0070099_1333047.jpg


こんなにきれいな美味しそうな石けんが出来ました。(後ほど、おなかをすかせて帰ってきた部長KOTAは、この石けんに見事歯形をつけたそうです。)こういう形に、性格がでるのですね。私の形は、、はずかしくて出せません。子供が騒ぐから、なんて言い訳しながら、どうせ、つかったらきれいになるよ、と、いびずなボール状のままで完成としました。形はさておき、質は、すばらしいです。こねこねして石けんだらけの手をあらってみたら、早速、手がすべすべに。こんな石けんだったら、手を洗うのが楽しくなりそうです。

次はフェイシャルセルフマッサージと、米ぬかアロマパック。
細かく泡立てた洗顔料を顔に塗ってもらい洗い流します。そして、ラベンダーオイルをつけてマッサージ。たたかず、こすらず、下から上に、指先で優しくなでる。あがれ〜、あがれ〜と。いい香りと、気持ち良さで皆うっとり、笑顔です。そして、自分たちで混ぜた米ぬかアロマパックを顔に塗ります。はちみつもたっぷりはいっているからか、濃厚でとても効きそうです。

<材料>
米ぬか
クレイ
蜂蜜
ラベンダー水

f0070099_13345315.jpg


洗い流すとき、水が唇にふれると、あっまーい!これまた美味しいパックです。
結果、つるつる、もちもち、しっとりに。いい香りのマッサージで癒され、更にお肌の状態にテンションがあがり、口角もあがりっぱなし。何だか優しい気持ちになりました。とうちゃん、むすこよ、かあちゃん楽しいよ、ありがとう〜。後でやさしくしてあげるからね、って気持ちになりました。(少なくともその時は。)

完全に肌質を改善する為には、やはり日頃からのお手入れが大切だそうです。

普段、生活の雑多な事に追われ、美容にまで手が回らない日々をおくっていましたが、お手入れ次第でこんなに肌も心も気持ちよくなれるのね、と思いました。上等な米ぬかが手に入るこの環境を感謝しつつ、これから、ちょっと頑張ってみようかなとおもいます。

今回、坂口さんには、予定以上におつきあい頂き、ほとんど一日がかりで沢山の興味深いレッスンをして頂き、本当にありがとうございました。今後もぜひ宜しくお願いします。今回、残念ながら参加できなかった皆様、米ぬか化粧水、米ぬかシャンプー等、米ぬかで出来る美容法はまだまだつきません。また、坂口さんに教えて頂く会を企画予定ですので、次回をぜひお楽しみに!

<おまけ>
バー米ぬか美人では、つるつるスッピンで、着物を着てお客様をおもてなし(?)しました。
[PR]

by mlac | 2008-12-01 13:40